小規模多機能型居宅介護事業所 じけまち

小規模多機能

小規模多機能 じけまちは、
「なじみの暮らし 守り隊
 手をつなげれば「楽」が見える介護」

「通い」を中心に「泊まり」「訪問」の3つのサービス体制

「通い」を中心に「泊まり」「訪問」の3つのサービスを組みあわせて24時間・365日切れ目のないサービスで安心をお届けします。

サービス利用料金はこちら

ページTOPへ

地域包括支援センター かこがわ

地域包括支援センターでは、地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、地域住民の保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的として、次の四つの事業を行います。

  1. 介護予防ケアマネジメント事業
  2. 総合相談・支援事業
  3. 権利擁護事業
  4. 包括的・継続的ケアマネジメント支援事業

上記以外に、寝たきりや認知症の高齢者を介護されている方の情報交換の場や、介護方法、保健・福祉制度の説明会、介護予防に関する普及啓発・ボランティアの人材育成や地域活動を行う組織の育成支援を行っています。

以上のような事業を、保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員等がそれぞれの専門性を活かし、関係機関等と十分に連携を図りながら支援して行きます。

ページTOPへ

居宅介護支援事業所 かこがわ

居宅介護支援事業所では、介護保険全般に関する相談・各種申請代行や介護認定(要介護1~5)および、介護予防認定(要支援1・2)を受けられた方の、居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成致します。

ケアプラン作成においては、ご利用者様やご家族様の意向を尊重し住み慣れた地域で安心して生活できるよう、身体状況・精神状況・環境等に配慮しながら居宅サービス計画書を作成致します。

営業区域は、加古川市・高砂市・稲美町・播磨町としています。

サービス利用の手順

サービスを利用する手順をみてみましょう。

介護サービスを利用されるためには、市町に申請して「介護や支援が必要な状態である」と認定される必要があります。

窓口に申請すると、訪問調査や審査を経て、介護が必要な状態かどうか、またどのくらいの介護が必要であるかが決められます。

申請から利用までの流れ

ダウンロードはこちら(PDF 506KB/2ページ)

ページTOPへ

施設概要

所在地 〒675-0066 加古川市加古川町寺家町57-1
アクセスMAP
経営主体 社会福祉法人 福竹会
開園 平成27年3月1日
事業内容
介護の総合ステーション 25名
TEL 079-423-1165
FAX 079-423-4165
メールアドレス jikemachi@heart.ocn.ne.jp